水素水とは分子の「水素」を水に溶かした水のことです。

水(H2O)にある一定以上の水素(H2)が含まれたものを水素水といいます。

では一定の水素とはどの位でしょうか?

分子状水素医学シンポジウムにて0.08ppm(80ppb)以上の水素を含んだものを「水素水」としています。

また、水素水の生成には主に3つの方法があります。

  1. 水素ガスを直接溶かす製法
  2. マグネシウムを使った製法
  3. 電気分解による製法

その中でも現在の主流は1.水素ガスを直接溶かす製法と3.電気分解です。

水素ガスを直接溶かす製法とは

気体の分子水素を飲料の中でバブリングさせ水素を溶かす製法です。非常に細かい気泡を水に溶かすことによって、高濃度で水素分子が多いものが生成可能です。加工された水素水はアルミ製パウチ容器などに入れることにより水素が逃げにくなり、水素溶存期間が長く保つことが出来るようになります。トータルで考えると値段は少し高めです。

電気分解による製法とは

飲料の中に電極を入れ電気を通電。
水が電気分解されることで発生する水素を、飲料に溶かす製法です。
電極を入れプラス極に酸素が多い水(酸性水)・マイナス極に水素が多い水(アルカリイオン水)に分けることで、水素を発生させています。安価に水素が作れます。

当店でも電気分解による携帯型水素生成器販売中です。→http://yokusuru.shop/goods/suirex-smart/